明けましておめでとうございます

a0206068_9505571.jpg
明けましておめでとうございます。本年もよろしく御願い致します。

……さてダブルエッジ次回公演、「宇宙の果ての暮らしかた」。
本番まですでに一月をきり、年末に始まった稽古もいよいよ本格化してきたところである。

今回の作品は出演者7名。ダブルエッジは出演者2〜3人の小規模作品を中心にやって来ているので、これは破格に多い感じなのである。

稽古はまず基本に忠実に台本の読み合わせから初めているのだが、去年一年間ほとんどを一人芝居の『輪廻くん』に費やしてきた田辺にとっては新鮮だったようである。
読み合わせ後の第一声が「いやー、セリフの掛け合い久しぶりだわ〜」である。
「ここんとこ話しかける相手って言えば電話とか鏡とかそんなんばっかりだったからさ」。

稽古中の写真も撮りはしたが、まだ読み合わせなので動きが少ないのはご容赦頂きたい。
上は読み合わせの全体図。手前の後頭部が演出の八木澤賢氏。
取り囲むように並ぶのが今回の出演者たちで、左から順に鯨井、森、嵐田、いまい、田辺、雨宮の各氏である(この日は小池氏は欠席)。

初手から飛ばして全体を引っ張ってくれているのが下の写真の森氏である。
無名塾出身の先輩演劇人である森氏とは、もうだいぶ長い付き合いになる。
ダブルエッジにも過去5回以上出演をしていただいている。何にでも積極的に取り組む前向きな姿勢と、いざ稽古が始まると『あ〜お腹痛い、稽古やりたくね〜』とか言い出す茶目っ気、いつも我々の素晴らしいお手本である。
今回もちゃんと読み込んできた事がわかる役作りで、読み合わせ一発目から一歩リードという感じである。
この無言のリーダーシップにさて他の役者はどう返していくのか?

以下続報をお待ち頂きたい。
[PR]
by w-edge-t | 2012-01-06 11:26 | 宇宙の果ての暮らしかた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧