kindleで読書などしながら……

曲がりなりにも物書きの端くれの一番端っこの先端にぶら下がった雫のような身である俺としては、読書する機会は多い。
そしてまた、芝居という時代性を写す表現媒体に関わる者の末席の後ろの襖の外の廊下に座る身としては、ミーハーに新しいものには飛びついておくべきと思ったりする。

そんな訳で趣味と実益を兼ねて、昨年末、噂の電子書籍「kindle paperwhite」を購入、使っているのである。
正直、高い買い物ではある。本体7980円で、書籍代は別。現状、紙媒体の本とデータ販売の間に価格的な差は殆どないので、初期投資の7980円分は丸々余計な出費と言う事になる。
ま、場所をとらないと言うメリットはあるので、これをその分の空間とバーターと考えるならアリかもしれない。いや更に考えを進めて、本棚を買う事を考えると、まあ数がたまってくれば安上がりと言う事になるかもしれない。
金銭的にはそんな感じ。では使い心地の方はどうか?

これが想像以上に、いい。

ライトが内蔵されてて暗いところでも読めるとか、しおりが自動的に設定されていつでも続きから読めるとか、文字の大きさを自由にカスタマイズできるとか、内蔵辞書で分からない言葉の意味を調べられるのでとりわけ洋書を読むときなど便利とか、色々と細かいところでいい面がある。

また、洋書購入の敷居がすごく下がった点や、青空文庫等による著作権の切れた過去の名著を気軽に(無料で)読める点などは非常に大きなアドバンテージだと思う。

しかし何より一番いい点は「今読んでる本はこれである」という点だと思う。

ずっとこれ持って歩けば、そこに今読んでる本のデータが入っているのだ。いちいち本を取り替えなくていい。これがとても楽だ。
どんな本でも同じ大きさ、同じ重さ、同じ字体で同じ文字の大きさ、同じレイアウト。
これがなんか慣れてくるととても読み易い。
そしてそろそろ読み終わりそうだなと思ったら次の本のデータを購入しておく。
すると前の本読み終わったところですぐシームレスに次の本に移行できる。
手許に本を持って来てないから今は読むものがない……、と言う事態が起こらない。
しかもその新しい本も、同じ大きさ、重さ、字体、レイアウトなのだ。
読書好きとしては実にいい環境なのである。
逆に言うと、読んでる本が終わりそうになると、つい次に読む本を探して買ってしまう。
今はまだ目新しさが勝っているせいなのかもしれないが、恐らくkindleを買う前より読書量は増えていると思う。
エンドレス読書状態。
しかも全部アマゾンで購入。
その意味ではアマゾンの思う壷である。

生活を便利にすると言うふれこみで、色々な新しい商品が開発される。
その中に、実際に買って使うと、便利というより生活が変化してしまうものがある。
そして一度変化してしまうと元には戻れない。
果たして電子書籍というものが万人に変化をもたらすかはわからない。しかしいわゆる「活字好き」の人たちの活字消費スピードを更に一段押し上げる力はありそうな気がする。

一方で、人生には、というと大げさだが、人には例えば「私の人生を変えた一冊」というような本がある。具体的な本は人によって違うが、要は愛着を持つ一冊の事だ。
その時の「本」とは内容だけを指すのではなく、具体物としての「本」だろう。装丁やら何やらを含めたその本自体に愛着を感じている訳だ。とすると果たして電子書籍においてそういう本と人間の関係と言うのは生まれるのだろうか?生まれるとしたらどういう形をとるのだろうか?
[PR]
by w-edge-t | 2013-02-06 14:08 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧