ストロベリーマンを見て

先日、田辺からの告知を載せた客演作品、ミノタケプランさんの「ストロベリーマン」。俺も見せてもらった。
面白かった。
以上。

……ではあまりに味気ないので色々蛇足を書く。
しかしよその劇団の芝居についてあれこれ書くと言うのは難しいのだ。
いや、何も知り合いだから言葉遣いに気を使うとか、そんな話ではない。

ミノタケさんは、田辺の客演を通じて交流がある劇団である。
毎回、丁寧な作風で感心させられる。今回も実に隙のない作品であった。
作家と役者各一人づつの団体という所もうちと同じで親近感がある。
しかしそっから先は全然違う方向性で、出来上がりの芝居のスタイルも、扱うモチーフやテーマも大きく違う。
無論、それぞれ違う事考えているから違う団体なんであって、そこを揃える必要もない。
むしろ違うからこそ、田辺にも普段うちではやらないような役の話を頂けるのであって、それは感謝である。

違ってていいのだが、違うこと自体は事実だ。
そして俺は、自分の方向性が正しいと信じて日々研鑽しているのであって、他の方向性については語る言葉を持たない。評論家じゃないので、自分の考えを語る事には努力もするが、他人の考えについて論評する言葉はあんまりないのだ。
いきおい、よその芝居についての感想は、方向性に触れない範囲で語る事になる。すると残るのは技術論のみになる。
でもそれって正しいのだろうか?と思ったりする。芝居を技術だけで語ってどうする?自分の作品が技術論だけで語られてて、内容やテーマについて触れられてなかったら、「ああ、伝わらなかった、失敗だ」としか思わないだろう。
かといって他の劇団が抱えるテーマを、自分たちが抱くテーマと違うと言う理由でぶった斬るというのもおかしいと思う。違って当たり前なんだし。
テーマはこう、内容はこう、技術的にはこう、などと、きちんとした視座を持って語るほどに第三者的な距離感で芝居を語る言葉を醸造もしていない。だって評論家じゃないんだもん。

つまんないものはつまんないとわかる。ただ、わざわざ喧嘩をふっかけて歩く趣味もないので、基本的には口をつぐむ。
面白いものには素直に面白いと言いたい。それは声を大にして言いたい。でも「面白い」以上の表現を第三者に伝えるのは難しい。そういう言葉の使い方についてあまり研鑽を積んでないから。

そんな、今現在の自分の状況を表明した上で、俺にできる範囲の感想を書く。

ストロベリーマン、面白かった。俺には絶対書けない本だと思った。
以上。
[PR]
by w-edge-t | 2013-04-30 09:43 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

タグ

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧