時は移ろい世界は変わる

そんな大袈裟な話かどうかわからないが、煙草をやめて3年ほどになる。
その前はヘビースモーカーだった。およそ20年くらい途切れる事なく吸ってきた。最後の方は一日に3箱ぐらい吸ってたと思う。ほとんど途切れる事なく咥えていた。
それがまあ、タバコ税値上げ辺りで嫌気がさして禁煙に踏み切ったのだった。
1日3箱からいきなりゼロへというのはさすがに自信がなかったので、当時ちょっと流行っていた電子タバコというのを利用した。
あれはカートリッジに入った味付きの水を水蒸気にして吸い込む仕組みで、ニコチンやらタールやらは全然ないのである。禁断症状に対しては何の効果もないが、口寂しさを紛らわせるにはいいものであった。
で、そんな移行期間を経て禁煙、その後電子タバコも吸わなくなり、綺麗さっぱりその種のものをやめてしまった。
禁煙してみて、振り返って思うのは、巷間言われる「3日目が一番辛い」は真実だった、という事である。後から考えると山は3日目だった。やめて3日目が一番吸いたくなる。その後はそれ以上の切羽詰まった欲求は襲ってこなかったように思う。
ただ、自分では「止めた」という意識はなかった。
これは一時的な禁煙であって、いずれそのうち、また気が向いたら吸おうと思っていた。
タバコ自体を嫌いになったわけじゃないので、永遠にお別れという意識はなかったのである。
実際、今でもタバコが嫌いなわけじゃない。よく禁煙するとタバコの匂いも嫌いになるなんて話も聞くけれど、俺は全然そんな事はない。
出先で喫煙所とかあって、もうもうと煙が立ちこめている場所のそばを通ったりして、プ〜ンとタバコの匂いが漂って来たりすると、今でも「うわあ、いいにおい」と思うのである。打ち合わせの席で相手がタバコ吸ってたりしても、気持ちよくなる事こそあれ、不快な思いなど一つも持たない。その意味では今でもタバコが好きなのである。
吸いたくて夢に出るというような事はないのだが、嫌いだとも思わない。タバコとの距離感はそんな感じである。
じゃあいつもう一度吸い始めるのか?
そう思って改めて色々考えてみると、そこで「世界が変わった」事に気付いた。

かつてタバコはカッコいいものであった。
最近、レンタルビデオで昔の石原プロのドラマなんか見る機会があったのだが、もう渡哲也なんてシーンが変わって出てくるたんびにまずタバコの箱を取り出し、そこから一本出して口にくわえ、おもむろに胸を探ってライターを取り出し、火をつけ、タバコにかざして火を移し、思い切り吸い込んで大量の煙を吐き出す……、という一連の所作をするのである。場面によっては更に何口か吸う。場面によってはそのまま吸い続けて無言のまま消すところまで行く事もある。1時間ドラマの中で下手すると5回ぐらい上記の手順を繰り返す。1回2分としてそれだけで10分潰れるのである。そりゃ男たちは寡黙でも間が保つよなという感じである。
どこででも吸う。相手も吸う。持ってなくても吸う。相手も持ってるからもらえるのだ。或いは相手にあげる場合もある。とにかく吸う、皆で吸う。思い思いにカッコを付けて吸う。
高級なライターを持っている。それぞれにカッコイイものを持っている。慣れた手つきで火をつける。持ってなくても誰かが持ってて差し出してくれる。それもなければマッチがもらえる。喫茶店には必ずマッチがあった。タダでもらえた。咥えれば火をつける手段はどこにでもある。
吸えば灰皿が出てくる。すっと灰皿を出すのがさも女のたしなみとでも言わんばかりに女たちが笑顔で灰皿を差し出す。外なら地面に捨てる。誰からも文句は言われない。

無論これが全て現実だとは言わない。石原プロ的誇張はある。あるがしかし、まんざら嘘でもない。タバコはカッコいいものだった。どうしてカッコ良くいられたのか?手間のかからないものだったからではないか?
ライターも灰皿も、なければないなり、どうとでもなるものだった。下手すりゃタバコ自体ももらえるものだった。だからカッコ良くスマートに決める事ができた。
今はどうか?タバコ吸おうと思ったら、まず喫煙所を探し、そこに移動して、自分のタバコに自分のライターで(自分のではあるが大抵は100円ライターだ)火をつけて吸い、場所によっては灰皿も持参して吸い殻を回収して帰る。
全然スマートじゃない。
煙草自体は変わらなくとも、その周囲の状況が変化してしまった。今、煙草をカッコ良く吸う事、スマートに決める事は不可能に近い。

多分社会は意識してそのように変化したんだと思う。喫煙人口を減らすためには、スマートに吸える環境自体をなくす事に意義がある。だから今の社会になっているんだと思う。

そして俺自身も、今改めてタバコを吸おうと思うとき、その手順の多さというか、準備しなければならない事柄の多さに、嫌気がさして吸う気が起きないというのが現実だ。気の向いた時にすっと咥えて一服したいのだ、わざわざ喫煙所探して、携帯灰皿持ってるかどうか確認して、それから吸いに行くとか、まどろっこしくてやってられない。

俺自身は変わってないつもりだ。相変わらずタバコの匂いは好きだし、オイルの切れた愛用のジッポーは、今なお部屋の棚に飾られている。
だが社会が変わってしまった。もうタバコを吸う社会は戻ってきそうにない。俺が吸いたいようにタバコを吸える時はもう来なさそうだし、嗜好品なんだから吸いたいように吸えないなら、吸わない方がいい。

健康にも良さそうだし文句があるわけでもない。今の社会の方がかつてのどこ行っても煙モクモク社会よりあり方としてはましだと思う。
ただ社会は変化してしまってもう戻ってこない。その事実を思うと、ふと目を細めてしまう自分がいるだけだ。
[PR]
by w-edge-t | 2013-06-13 11:46 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧