GODZILLAを観た

面白かった。

いや、いい、実にいい!
ハリウッド新ゴジラ。
満足。
細かい事言えばいくらでも言えるけど、でも、満足。

なんつーか、こう、食欲、性欲、睡眠欲を3代欲求とか言うが、個人的には4つ目の欲求として「ゴジラ欲」というのがある。俺の場合、大抵一年に一回、例年だと大体正月の夜中辺りに沸々とその欲求が鎌首をもたげ、とにかくゴジラを観ないと収まりがつかない精神状態になったりするのである。
で、まあその時の気分で昔のゴジラのDVDを引っ張り出し、毎晩のように観ていると、数日してスーっと落ち着き、また日常に回帰できるという訳なのである。
映画を鑑賞してるとか言うのとはちょっと違うのである。ただそこにゴジラが映ってればいいのだ。皿洗いなんかしながらひょいとテレビの方に顔を向けるとゴジラが歩いたり吠えたりビルを壊したりしていてくれればいいという、そういう状態なのである。
その時の作品の選択と言うのは、だから映画の出来不出来はどうでもよくて、どういう顔したゴジラが観たいかでチョイスする。例えば「ゴジラ対ガイガン」というとてもじゃないが大の大人が素面で見る映画じゃないような映画でも、観たくなったりする時があるのだ。ゴジラとジャガーでパンチパンチパンチ!

で、今度のゴジラである。
ハリウッド製ゴジラと言えばローランド・エメリッヒがかつてやらかしたろくでもないガッカリ映画があった。
ゴジラと称する怪物は出て来るんだが、なんだか顎のでかい不細工なティラノサウルスもどきでしかなくて、しかも卵いっぱい産んだりして、え?メスなの?みたいなガッカリポイントもあり、さらにそこから出て来る子ゴジラたちはベロキラプトルもどきでますますガッカリみたいな、ともかくジュラシックパークのバッタもんでしかないガッカリ映画であった。
何が辛いって観ても全然ゴジラ欲が満たされないんである。

そんな前科があるもんだから今回のゴジラは実は観る前は「さて、どうしたもんかな」という感じでやや引き気味に構えていて、公開始まったらすぐ行くぞと言うような盛り上がりは実は自分の中になかったのである。
ところがなんか公開が始まるといい評判が耳に入って来て、アメリカの方では早くも続編の製作が決定したりなんかして、しかも続編にはキングギドラ、ラドン、モスラが出るぞ、なんて言う話が流れて来たりなんかして、そこまで来て急激にゴジラ欲が盛り上がって来た俺は、欲求に突き動かされるままに映画館へ足を運んだのであった。

観たかったモノが、まさに観たかった姿が大スクリーンの中に屹立していた。

いやー、満たされた満たされた。
ありがたいありがたい。
満足。

前半は焦らすんですよ。焦らし過ぎなんじゃないかなと思うほど焦らす。
なかなか姿を現さない。部分的には見えるんですよ。もうそれは始まった瞬間からタイトル出るより早く、背中とか見える。
チラリズムである。
でも全貌は見せない。
出た!
と思うと場面変わったりする。変わった先にあるテレビモニターの中に、わずかに映ってたりする。
焦らしまくる。
しびれを切らすほど、文句言いたくなるほど、「おい、もういいだろ」と思ってもそこから更に焦らす。
劇中ではすでに現れている段階になっても、なかなか画面に現れない。ところどころ、切れ切れにしか見せない。
フェザータッチである。
ありとあらゆるテクニックを駆使してこちらの欲求を最大限肥大化させる。
そしてついに姿を現すと、そこからはもうあられもなく全てをさらけ出してくる。
全身を使ってこれでもかと責めまくって、そのままフィニッシュ。
ハードコアである。
途中あれほど不満を感じていたのに、終わってみれば満足しか残ってない。
思うままにに翻弄されて、掌の上で転がされて、それでいて満足しきっていると言うだらしなさである。
スレイブである。

何か違う話題のように感じるかもしれないが、これはあくまで映画の話である。

とにかく満足した。
俺のゴジラ欲は満たされた。
見事に満たされた。
しかし、

正直なところ、満たされたが故に更に欲求が募っていたりする。
次、楽しみだなあ。
つーかそれ以前に、これのDVDとか買っちゃうんだろうなあ……
ああ、俺って、ゴジラ好きなんだなあ……
[PR]
by w-edge-t | 2014-08-19 22:05 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧