カテゴリ:ちかごろ気になることがある( 6 )

無事終了

2012年の7月8月9月と、暑い盛りの3ヶ月と共にやってきた連続公演「ちかごろ気になることがある」。
おかげさまで無事、その全日程を終える事ができた。
ご来場頂いた皆様には大変ありがたい。
とりわけその最終日となった昨日、9月30日は台風が迫り刻一刻と風雨が強くなる中での公演となったが、19時開演の最終回まで途切れる事なくお客様に足を運んで頂き、感謝感激であった。

さて、今回のシリーズ、色々と初ものづくし、新しい試みだらけの実験的なシリーズであった。
会場も始めて利用する場所。内容的にも普段とは全く違う手法、台本を作らず時事ネタを元に稽古場で作り上げるスタイル。役者もダブルエッジ初参加の方々を迎えたりと、色々やった。
とりわけ大きかったのはやはり3ヶ月連続公演、しかもその内容が連続モノだったことだろうか。
これは最初から決めていたのではなく、やっているうち、その方が面白そうだぞってな事になり、そっちに転がっていった結果なのだけれど、一人の主人公を追う3連作という結果に落ち着いたのだった。
試行錯誤も多く、反省点もあったけれど、新しい事ゆえの楽しさもあった。

今年のダブルエッジの活動はこれで終わり、次は年明けてという事になる。
今度はまた違うダブルエッジの顔、きっちり作り込んだ台本と練り上げた演技でみせる作品を作りたいと思う。
その時はまたよろしく!
[PR]
by w-edge-t | 2012-10-01 22:15 | ちかごろ気になることがある

あっという間にvol.3

a0206068_1531163.jpg
 ……という訳で、気がつけば「ちかごろ気になることがある vol.2」公演も好評をいただきつつ無事終わり、早くもvol.3の準備へ取りかかる時期になっているのである。
 時の経つのは早いもんである。
 vol.2に関して何の追加記事も掲載する暇もなくこの時期を迎えてしまい、いまいち情報ブログとして機能してないという自覚はあるのだが、これがどうしてなんともスタッフ一人で切り盛りするダブルエッジの悲しさよというのが正直なところだったりするのである。
 この辺、無駄に文章が回りくどいのは所詮ただの言い訳だと言う自覚があるからだったりするのである。

 んで、いよいよシリーズも最終vol.3である。
 vol.1 vol.2 とゲストの女優さんを呼んでの二人芝居という体裁でお送りしてきたのだが、完結編となるvol.3は色々声をかけていたらいい返事を次々頂き、結果としてゲスト3人の出演者4人体制でお送りする事と相成ったのである。
 それにあわせて当初の公演予定を拡大、9月29、30日の週末2日間、計5ステージという変則スタイルでお送りする事となった。
 今までは土曜日のみの公演だったが、次回は日曜もあり、時間帯も色々と取り揃えているので、今までタイミングが合わなかった方もぜひ奮ってご来場頂ければありがたいところである。
 さて、肝心の内容であるが……、例によって今はまだ何も決まっていない。これから一ヶ月、知恵を絞りに絞って、2012年の現在を描き出す舞台を作り出す所存である。
 どうぞご期待頂きたい。
[PR]
by w-edge-t | 2012-08-26 15:43 | ちかごろ気になることがある

vol.1終了、vol.2始動

a0206068_1044436.jpg
DOUBLE-EDGE LIVE 2012「ちかごろ気になることがある」vol.1の公演は、多数の方にご来場頂き、好評のうちに終える事ができた。ありがたい事である。
vol.1が終われば次にくるのはvol.2である。
なにせ公演日が8月25日。一ヶ月ないのである。
いや慌ただしい、もうすぐに「ハイ次!」って感じである。
実際問題、稽古開始が8月1日。前回終わってから中3日。
頭を切り替え、頑張っていきたい。

さて、チラシは前回のデザインを引き継ぎつつ、イメージカラーを変更して作ってみた。
そして今回のゲストは「tea for two」の「湯澤千佳」さん。
「tea for two」は田辺もよく出演している交流のある劇団であり、湯澤千佳さんも以前からちょくちょくうちに出演してもらっている気心の知れた、言わば仲間の一人である。
頼もしい仲間を得て、さて来月はどんな内容になるか?

ぜひご期待頂きたい。
[PR]
by w-edge-t | 2012-07-29 10:56 | ちかごろ気になることがある

おいでませ青果鹿スタジオ

いよいよ目前に迫ってきた3ヶ月連続公演第1弾、
「ちかごろ気になることがある」vol.1。
なかなか面白いものに仕上がってきている実感がある。

日時は7月28日(土)、14時と19時の2回公演。
その会場は「青果鹿スタジオ」。
正直言って小さな会場である。
そしてそれゆえ、若干わかりづらいのである。

とはいえ、我々も3ヶ月連続で会場を借りる身、わかりづらいならわかり易く伝える努力をしようじゃないか!という訳で今回、写真入りで会場までの道順を詳しくお知らせしたいと思う。
ぜひこちらを参考に、一人でも多くの方にご来場頂きたいと願うばかりである。

a0206068_205834.jpg
さて、能書きはこのぐらいにして、
まずは地図をご覧頂こう。

会場となる「青果鹿スタジオ」、最寄り駅は井の頭線の高井戸駅。

ここから徒歩8分……、とあるが、実際歩いてみると正直な所もう少し長く感じるので、少し早めにお出でいただくのがいいと思う。

道順自体は難しい事はない。駅から真っ直ぐ環八沿いを進んで井の頭通りとの交差点まで進み、そこから左に折れてすぐの所である。以下、順番に見ていこう。

a0206068_209228.jpg
井の頭線高井戸駅。

慣れていないと京王線の下高井戸駅と混同しがちだが二つは全く別物である。

初手から間違ってはフォローのしようもないので気をつけて頂きたい。






a0206068_20105699.jpg
改札は一つ。

間違いようもなくここ一カ所しかない。

改札を出たら右へ進む。左は駅併設の商業スペースである。







a0206068_20161597.jpg
改札から右へ進んだ場所がここである。

目の前が環八。大通りなので道を渡るための陸橋がある。

ここは階段を登らず、降りて環八を左に進む。







a0206068_2019415.jpg
後はこの歩道をひたすら真っ直ぐ、井の頭通りと交差するまで歩き続けるだけである。

意外と距離があるので途中不安になるかもしれないが、自信を持ってひたすら真っ直ぐ歩き続けて頂きたい。

歩き続けるとやがて……





a0206068_202217100.jpg
車道に陸橋が見えてくる。

「高井戸北陸橋」である。

これが井の頭通りの上にかかった陸橋である。つまりこれが見えたら井の頭通りと言う証明、ランドマークである。

正面、陸橋をくぐって左右に繋がる大通りこそ井の頭通りである。


a0206068_20275837.jpg
井の頭通りに出たら、目の前の横断歩道を渡って頂きたい。

最初の地図を見てもらえればわかる通り、目的の「青果鹿スタジオ」は、高井戸駅から見て道の反対側なのである。

横断歩道を渡って井の頭通り沿いを左へ進む。


a0206068_20354754.jpg
左へ進むと道沿いにはヤナセのショウルーム。何やら高級そうな外車が並んでいる。

ここまでくれば会場はもう目の前である。

というか隣りである。もうこの写真にも写っている!






a0206068_20365940.jpg
そう、これが「青果鹿スタジオ」の入り口である。

控えめな看板なので見落とさないように注意して頂きたい。

ヤナセまできたらちょっと注意してもらえれば見つけられると思う。

そしてこの看板の階段を地下に下れば、そこが会場である。

お待ちしておりました!どうぞお楽しみ下さい!

……てな訳で説明してみたがいかがだったろうか?
19時の回だと夜になるからちょっと雰囲気が違うかもしれないが、参考になれば幸いである。
ともかく、言いたい事はただ一つ、

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
[PR]
by w-edge-t | 2012-07-21 20:50 | ちかごろ気になることがある

で、何が気になってるの?

7月公演「ちかごろ気になることがある」
ただ今稽古中である。
a0206068_16163239.jpg
今回の作品は出演者二人。
我が相棒、ダブルエッジの役者の方である田辺日太と、そして今回のゲスト、会場をお借りしている「青果鹿」の白石里子女史である。

二人が稽古場に集まった所でおもむろに稽古が……、始まらない。
たいてい、その日気になったニュースやらゴシップやらの話をはじめ、そこから連想される他の話題に飛び、そう言えばこの前読んだ本に書いてあったんだが、かなんか言い出し……、軽く1時間は雑談が続く。
いや、雑談というか、それこそが意外と大事なネタ探しの時間だったりするのである。
何せタイトルが「ちかごろ気になることがある」
その内容も、まさに今我々が気になる事をテーマに作るつもりだからである。

例えばAKB総選挙、或いは木嶋佳苗の裁判。長谷川理恵の話題も出た。
あてもなく話はあちこちに飛び、意外ともったいなく、その実豊かに時間を消費しながら、色んな話をする中、今回我々がたどり着いたのは、「ニュースだのゴシップだの見たり聞いたりしてわかった風に色々言ったりもするけれど、結局の所その情報源自体が凄く偏ってないか?例えばテレビによるニュースの取り上げ方それ自体によって、凄く印象を左右されてたりするんじゃないか?」ってな事であった。
そんな事をテーマに、バラエティに富んだエピソードを並べて、お芝居を作ってみようじゃないか。というのが今回の舞台なのである。

何もない所から、ちょっとづつ手探りでキャラクターを作り、人間関係を作り、物語を産み出していく。その作業は難しくも、楽しい。
正直な所、まだ完全に全体像が見えてはいない。しかし、日々手応えを感じ、楽しくなってきている所ではある。
本番までにどこまで磨き上げられるか、どこまで詰め込めるか?
もうしばらく戦っていきたいと思う。どうかご期待頂きたい。

本番は7月28日14時&19時の2回。(開場は各30分前)
会場は青果鹿スタジオ(京王線高井戸駅徒歩8分)
ご予約は以下のアドレスへメールを……

naoki-takayama@mail.bbexcite.jp
[PR]
by w-edge-t | 2012-07-10 18:01 | ちかごろ気になることがある

三ヶ月連続公演開催!

なんかもうギリギリの発表で困ったもんだ。
ともかくダブルエッジの次回公演が決まったのである。
タイトルは「ちかごろ気になることがある」。
実はこれ、単独の作品ではなくてシリーズタイトルである。
7月8月9月と三ヶ月連続で新作三作品を公演する、その全体タイトルなのである。

会場は三回とも青果鹿スタジオ。
vol.1は7月28日(土)14時と19時の全2ステージ。

そのチラシがこちら。
a0206068_11455134.jpg

一見ふざけたチラシだが、我々は本気である。
本気でふざけるつもりである。
実際問題、内容は現時点で何も決まってない。

どう言うことかというと、実は今回のシリーズ公演、「時事ネタを折り込んで1ヶ月で作り上げる舞台」と言うのがテーマなのである。
これからの一ヶ月で、世間と稽古場を往復しながら、まさに「今」感じていることを皆で持ち寄ってそれを舞台上で表現しよう、組み立てて一つの物語にしてみよう、と言う目論みの舞台である。

要するにタイトル通りの内容なのである。
「ちかごろ気になること」を集めて混ぜて舞台化する。
それを三ヶ月連続で発表していこうという企画なのである。

ふざけてるといえばこれほどふざけた話もない。
しかしその一方、緊張感は半端じゃないのも事実である。
準備が少ないから楽かと言ったら全然そんな事はない。

数限りない稽古を積み重ねた、汗と涙の染み込んだ舞台、と言うのも悪くない、しかし今回我々はその逆を行く。
表面上はたいした時間をかけない。汗と涙も見た目には流れない。しかし脳みそをふり絞って、アイディアと工夫を凝らした舞台を作り上げたいと思っている。

どんなものが出来上がるか、乞うご期待。
[PR]
by w-edge-t | 2012-06-17 11:55 | ちかごろ気になることがある


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧