<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

映画を早送りで観る日々

ここ数日、映画を早送りで観ている。
というのも、実はレーザーディスクユーザーだったりする。
無論、今やメインはDVDなのだけれど、実家で相当昔から使っていたのでソフトが結構な量あり、ソフトがあるんだからハードもないとねってな事で未だに現役でテレビにつないであったりするのである。
ところがこのレーザーディスクプレイヤーがとうとう寿命なのか、半月ほど前に動かなくなった。ディスクを乗せるトレーが出たっきり動かなくなり、入っていかなくなってしまったのだ。
まーこれが場所取ること。
なにせディスクのサイズがデカイのでトレーもやけに張り出している。邪魔っけこのうえないのである。

さておき、レーザーディスクが観られなくなってしまった訳で、我が家ではこれは意外と困る状況だったりする。本を書く上で「ちょっとあの映画観てみたいんだよな」と思った時に観られないのは困るのだ。かといってすぐそこにソフトがあるのに、同じ映画をレンタルビデオで借りてくるってのも癪に触る。
どうしたものかと思案のあげく、「実家にはもはや使っていないプレイヤーが死蔵されているに違いない」と考え、探しにいった。

笑える事に3台も出てきた。
そんなに持ってたんかい!と突っ込みつつ動作確認してみたところ……
1台もまともに動かなかった。

こりゃソフトを無駄にしないためにも新しいプレイヤーを入手しないとイカンのだろうか?
そう思ってネットで探してみたら、
まあ生産中止になってからもう何年も経つ訳で、意外と高騰してたりするのですな、これが。
こうなったら仕方ない、なんとかして自力で直してやる!と腹をくくって我が家のプレイヤーの裏のネジを外し、ガワを開けて内部の複雑な機械と対決した。その結果……

あっさり直った。
ある部品が若干浮いてて、それがトレーとぶつかって動かなくなってた。
その部品を指でぎゅっと押しこんだら、動いた。
なんというか、気分はチルチルミチルである。青い鳥は目の前にいたんだみたいな。

てな訳でレーザーディスクは観られるようになったのだが、とはいえ楽観はできない。次にまたこんな事態になったら本当に観られなくなっちゃうぞ、という強迫観念のもと、ただ今手許にあるレーザーディスクを片っ端からバックアップ中なのである。

別にただのダビング作業なので観る必要はない筈なのだが、アナログ信号のものをバックアップしているので映像以外の信号は全然拾えないのである。従ってチャプターが全部なくなる。必要な場所には手で打ち込んでいくしかない。そのためには目を通さないとならない訳で、かくして早送りでジャンジャン観るはめになっているのである。
手間のかかる作業ではあるが、何せ名画、楽しくもある。
トラ・トラ・トラ!とか、ホント久しぶりに観たが、やっぱり面白いよなー
つい通常スピードにしちゃったりして。
一体何日かかる事やら……
[PR]
by w-edge-t | 2012-04-26 23:15 | 日々の暮らしで考えた

黙って考える。

今はそういう時期なのだろう。
ブログ更新をあまりしてないけれど、だからと言って何もやってないとか、或いはそもそも興味なくしちゃったとか、そう言う事じゃない。
一番大事な芝居に向けて、色々溜め込んでいる時期。
あんまり吐き出したくない時期なのである。

溜め込む事は大事な訳で。
あえて貝になって溜め込んで、一気に放出するからそこに集中して力が出せる訳で。
とりわけ作家として芝居に関わる者としては、チビチビ放出するより書くモノに集中してそこで吐き出さないと、作品が薄くなったら本末転倒である。

そんな訳で言える事は少ない。
言える事といえば、
次回公演は7月頃になりそう、調整中。ってなくらい。
うちの場合、自分とこの劇団だけでは何もできない小所帯なので、ゲストで呼ぶ方々、出演者もスタッフも含めてそういう方々の賛同なしに芝居はできない。
ちゃんと決まってない事をぺらぺら喋って都知事みたいに「腹が立った、一回全部白紙!」て事になっても困る。

言える範囲の情報としては、次回公演は7月頃。
もう少し詳しく言うと、7、8、9月の3ヶ月連続公演をやろうと思ってる。
全て新作、全て別の作品。

なかなか無茶な企画なのである。
無茶な企画なので、対外的には色々調整も必要になる訳で。
そして個人的には溜め込む事も必要になる訳なのである。

と言う、まあ、言い訳。
更新が滞ってる事への言い訳。
でもまあ、本音でもある、言い訳でした。
すいませんね。
[PR]
by w-edge-t | 2012-04-13 10:22 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧