<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スターウォーズを楽しみに待つ日々

いささか旧聞に属するが、ジョージ・ルーカスがスターウォーズを含むルーカスフィルムをディズニーに売ったというニュースがあった。
ディズニーとしてはエピソード7以降の続編をつくるつもりであると言うアナウンスも同時に行われた。

俺はスターウォーズ直撃な世代である。
今ちょっと調べたら一本目(エピソード4)の公開が1978年とあった。俺が10才の頃である。そらもう大変な衝撃だった。
うちの親は映画が好きだったので、その頃には何度も映画館に足を運んでいたし、字幕にも慣れていた。とはいえ、それまで映画というものは基本大人のものであり、親が「これがいい」というものが「いい映画」なのであり、それがわからなければわからない自分が悪い、という理解だった。

テレビは深夜になれば放送が終わり、あとは砂嵐が映るばかり。ビデオも普及しておらず見たい時に見たいものなど見れないのが当たり前、映画の希少価値は現在とは比べ物にならなかった時代、多少わからない部分があろうが、退屈なところがあろうが、それでも家族で出かけていき、巨大なスクリーンに映し出される映像を眺め、終われば家族皆でちょっとおいしいご飯など食べる時間は、日常を逸脱した充分満足な娯楽であった。

それが、スターウォーズである。もう冒頭の宇宙船の追っかけっこからラストのデススター攻略戦まで、全部面白いのである。子供心にも全然わかる楽しさに満ちているのである。歴史的背景などの基礎知識がなくともわかる物語に、退屈になるような細かな心理描写など全くない単純明快さ、宇宙船同士の戦いなどの「思い描いた事はあるけど見た事はなく、かつこちら想像を上回るイマジネーションあふれる映像」に、小学生の俺はハート鷲掴みにされたものであった。
親に向かって「今まで見た中で一番面白い!」と宣言して、今まで色々よかれと思って紹介してきた映画よりこんな訳わからん子供騙しの映画の方が上とは、と若干の寂しさを味あわせたりしたのである。

そしてあんな映画がまたみたいなと夢想していたら、(実際二番煎じの映画は雨後の筍のように次々産まれたが所詮二番煎じだった)ジョージ・ルーカスが続編をつくるよと宣言したのである。もうその発表だけで大興奮なのに、発表の内容たるや、スターウォーズは全9作あるいは12作からなる連続モノで、最初の一本はそのうちの4作目にあたるモノである。てななんとも壮大な構想の披露だったのである。もう日本の片隅の小学生鼻血ブーである。

以来、続編がつくられる度に映画館に足を運び、実に長い事楽しませて頂いた訳だが、途中で構想については色々変遷があって、最初の三本つくった段階で「もう続きは大変だからヤメー」みたいなのがあって落胆してたら、10年以上の間を空けて突如「エピソード1つくるよー」みたいな発表があったり、それじゃこのあと6本ないし9本見られるの?と期待を膨らましたところに「3本で終わり。エピソード7以降は最初の方に出てた役者が年取った頃に同じ役で出たら面白いかなーと思いつきで言っただけでそれ以上のアイディアはないよー」とかいう発言があったり、その度にこっちの期待も上がったり下がったり大変なのであった。

いずれにせよ、間違いない事はともかくもスターウォーズは長きに渡ってずっと楽しませてくれてきたという事であり、その正当な続編ができるとあっては期待しちゃうのは仕方ないのである。

というか既に楽しんでいるというのが本音だったりする。
そもそも全く続編に期待してないどころか、ここまでの6本で完結したものとして、一抹の寂しさと共に納得していたところに、「続編つくります」というニュースだけでもうエンターテイメントである。
その後も監督がJJエイブラハムに決まったとか(スターウォーズの永遠のライバルであるところスタートレックの新作を監督している人物って言うところが面白がりポイントである)、ハリソン・フォードがハン・ソロ役で帰ってきそうとか、出てくるニュースがいちいちエンターテイメントなのである。

ルーカスフィルムの手を離れ、ディズニー製になる新作は果たして大丈夫だろうか、とか心配する向きもあるようだが、そんな事はできてみなけりゃわからない。観る側にはつまらなけりゃ無視すると言う権利があるのだから今から心配する必要なんて全然ないと思うのである。

スターウォーズは公開の日を頂点に、そこに向けて徐々に盛り上がっていく祭りのようなものだと思うのである。そういう娯楽だと俺は思っているのである。
映画として出来がどうこうとか、細かいことを言ってもはじまらない。他の映画の尺度で計ったら劣る部分はあるかもしれないが、スターウォーズの尺度で計ってスターウォーズを越える映画は他にないと思うのである。
そして、ここまでのところ新作に関するニュースは充分、気分を盛り上げてくれるネタに富んでいる。俺としてはここまでは実に順調、という感じなのである。

またあの、映画公開にあわせてコスプレして劇場に並んじゃう陽気なアメリカ人の姿をニュースで見られるのだろうか?俺はあの光景も、実に幸せそうで好きである。
[PR]
by w-edge-t | 2013-02-26 14:46 | 日々の暮らしで考えた

ロシアに隕石

驚いた。
15日に起きたロシア中部への隕石落下である。
チェリャビンスクと言う所らしい。

報道と、ネット上に上げられた多数の動画、時々刻々と変化する負傷者の数、隕石のサイズも何度かの上方修正がされ、最新の報道では17メートル1万トンという規模の小惑星であったらしいとされている(大気圏突入時)。
空中で爆発四散したとされ、破片はまだ見つかっていないようだ。

動画で見たその光景は凄まじいものだった。
尾を引いて空を流れる巨大な火の玉、猛烈な光、巨大な破裂音、割れるガラス、吹っ飛ぶ倉庫の壁、一斉に鳴り出す自動車の盗難防止ブザー……
なんと言うか、ハリウッドのディザスタームービーでも見ているかのごとき光景が、実際に起こっていると言うこの衝撃。

報道の中で知った事柄、おおよその目安として、隕石落下時のクレーターの大きさというのは直径の10倍になるという。
という事は今回の隕石が空中で爆発せず地面に落ちていれば170メートル級のクレーターをつくったと言う事になる訳で、とんでもないサイズである。

しかし、今回の件で思った事は事件発生後すぐに、はるか離れたこの日本にあって、正規ルートの報道でない形でネットでどんどん現場の状況を伝える動画が上がって来た事。ネットがここまで一般的になる前であれば、実態がつかめるまで数日を要したりしたのではないか?個人が動画撮影機能を持ち歩き、それを発信できてしまう現状というのはざっくり端的に言ってiphoneが変えた世界だろう。わずか数年で想像以上に世の中変わったなと思う。
その一方ではこういう想像を超えた自然現象が起こると思うのはやはり人間てちっぽけな存在だなということで、どんなデカイ街をつくろうが、空から石がおっこって来たらやっぱりどうにもならないよなとも思う。

一瞬にして世界中と繋がる万能感と、石が落っこちて来たらどうにもならない無力感。
この二つの感覚のバランスの中で生きているのが人間なのだろうと思ったりするのである。
[PR]
by w-edge-t | 2013-02-18 16:13 | 日々の暮らしで考えた

最近のマクドナルド

なんか業績が悪いとかなんとか色々ネガティブな話題を聞く事が多い気がする。
マクドナルドの事である。
ま、業績とかは株でもやってない限り直接関係ないのでとやかく言う事はないのだが、最近の新機軸や企画に関しては素人目にも色々首をひねる面は多い。
例えばレジのメニューの廃止とか、もう終わったけど60秒チャレンジとか。
それらは企画意図としてレジ前の混雑を緩和するっていうテーマだったのだろうけど、少なくともうちの近所のマックでは意図通りの成果は上げていなかった。

どうなったかと言うと店に来たお客さんがレジに並ばなくなった。
以前は入店と同時にレジに並んでいた人の流れが、レジの周囲にたむろして、レジ奥の壁のメニューを見上げて何を食べるか決めてからレジに並ぶようになったのだ。
お客さんがいっぱい立っていて、レジは空いていて、レジの店員が「こちらのレジ空いてまーす」と声をかけているのに誰も行かない。
実際そんな光景を何度も見た。
結果レジ前スペースは以前より混雑している気がする。

無論全国的にどうなっているかは知らない。あくまで俺の知っている一店舗の話である。
とはいえその店舗を見る限りは、「こりゃダメだわな」と思わざるを得ない。
実際のところ60秒チャレンジは終わり、最近はレジのメニューも戻ったようだ。
でもまだお客さんの流れは戻らない。一旦行動パターンを変えた人たちはそう簡単には戻らないようだ。
俺自身、レジ前の混雑が面倒くさい。どうにかなんないかなーと思いつつ、今日も多分マクドナルド行く。

クーポンが残ってんだよね。
[PR]
by w-edge-t | 2013-02-13 12:25 | 日々の暮らしで考えた

kindleで読書などしながら……

曲がりなりにも物書きの端くれの一番端っこの先端にぶら下がった雫のような身である俺としては、読書する機会は多い。
そしてまた、芝居という時代性を写す表現媒体に関わる者の末席の後ろの襖の外の廊下に座る身としては、ミーハーに新しいものには飛びついておくべきと思ったりする。

そんな訳で趣味と実益を兼ねて、昨年末、噂の電子書籍「kindle paperwhite」を購入、使っているのである。
正直、高い買い物ではある。本体7980円で、書籍代は別。現状、紙媒体の本とデータ販売の間に価格的な差は殆どないので、初期投資の7980円分は丸々余計な出費と言う事になる。
ま、場所をとらないと言うメリットはあるので、これをその分の空間とバーターと考えるならアリかもしれない。いや更に考えを進めて、本棚を買う事を考えると、まあ数がたまってくれば安上がりと言う事になるかもしれない。
金銭的にはそんな感じ。では使い心地の方はどうか?

これが想像以上に、いい。

ライトが内蔵されてて暗いところでも読めるとか、しおりが自動的に設定されていつでも続きから読めるとか、文字の大きさを自由にカスタマイズできるとか、内蔵辞書で分からない言葉の意味を調べられるのでとりわけ洋書を読むときなど便利とか、色々と細かいところでいい面がある。

また、洋書購入の敷居がすごく下がった点や、青空文庫等による著作権の切れた過去の名著を気軽に(無料で)読める点などは非常に大きなアドバンテージだと思う。

しかし何より一番いい点は「今読んでる本はこれである」という点だと思う。

ずっとこれ持って歩けば、そこに今読んでる本のデータが入っているのだ。いちいち本を取り替えなくていい。これがとても楽だ。
どんな本でも同じ大きさ、同じ重さ、同じ字体で同じ文字の大きさ、同じレイアウト。
これがなんか慣れてくるととても読み易い。
そしてそろそろ読み終わりそうだなと思ったら次の本のデータを購入しておく。
すると前の本読み終わったところですぐシームレスに次の本に移行できる。
手許に本を持って来てないから今は読むものがない……、と言う事態が起こらない。
しかもその新しい本も、同じ大きさ、重さ、字体、レイアウトなのだ。
読書好きとしては実にいい環境なのである。
逆に言うと、読んでる本が終わりそうになると、つい次に読む本を探して買ってしまう。
今はまだ目新しさが勝っているせいなのかもしれないが、恐らくkindleを買う前より読書量は増えていると思う。
エンドレス読書状態。
しかも全部アマゾンで購入。
その意味ではアマゾンの思う壷である。

生活を便利にすると言うふれこみで、色々な新しい商品が開発される。
その中に、実際に買って使うと、便利というより生活が変化してしまうものがある。
そして一度変化してしまうと元には戻れない。
果たして電子書籍というものが万人に変化をもたらすかはわからない。しかしいわゆる「活字好き」の人たちの活字消費スピードを更に一段押し上げる力はありそうな気がする。

一方で、人生には、というと大げさだが、人には例えば「私の人生を変えた一冊」というような本がある。具体的な本は人によって違うが、要は愛着を持つ一冊の事だ。
その時の「本」とは内容だけを指すのではなく、具体物としての「本」だろう。装丁やら何やらを含めたその本自体に愛着を感じている訳だ。とすると果たして電子書籍においてそういう本と人間の関係と言うのは生まれるのだろうか?生まれるとしたらどういう形をとるのだろうか?
[PR]
by w-edge-t | 2013-02-06 14:08 | 日々の暮らしで考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧