裸眼で街を歩く

昨日、メガネを新調した。
近視が進んだからでも老眼が入ってきたからでもなく(いや実際は若干老眼入ってきてるようだが)、前のメガネが壊れたからである。
一昨日、出先でぶつかった瞬間に真ん中から綺麗に真っ二つになった。6〜7年使っていたのでだいぶくたびれていたんだろう、ほんのちょっとした衝撃でパキンといった。左右バラバラ、モノクル二つという状態である。弦が折れたぐらいの事なら何とか無理にでも鼻に引っかけて歩くところだが、真っ二つとなるとそうもいかない。なんともかけようがないので仕方なく、裸眼で街を歩くハメになった。
そのとき頭をよぎった不安たらなかった。
恐怖といってもいい。
何せこっちは10代からメガネかけているのである。裸眼で外歩くのなんて一体どれぐらいぶりだか思い出せん程久しぶりである。何もかもボヤボヤの世界に放り出されて果たして俺はまともに活動できるのか?

結論から言うとなんて事はなかった。全然大丈夫だった。
確かによく見えないけど、その分勘が働くようになっていた。
看板の文字は読めないが、恐らくここが入口だろうなとか、こっちがトイレだろうとか、この列が求める切符の販売列だろうとか、おおよそ街中での身の処し方に関しての常識みたいなもので、何とか補う事が出来たのだった。

メガネをかけるようになって早30年以上が経つ。
その間視力は右肩下がりに失う一方だが、一応その分社会常識のようなものは身に付いたようである。

生物としての機能は年々下がり続けている。ぶっちゃけた話、俺の成長期はとっくに過ぎた。あとはもう時々刻々、着実に衰え続けているばかり。その先に待っているのは死だ。
何とかその日を先延ばしにしようと色々な知識やら常識やらで武装しているが、根本的な問題は変わらない。ただただ下り坂を下ってるだけ。下るのが遅くなる瞬間はあっても決して登る事はない。
まあそれでいいやと思う。
いずれ死ぬ。どうせ死ぬ。どう生きようと最後は同じ。そう思うからこそ思い切り大振りなこんな人生を送れるのだ。

無論、まだまだ死ぬ気はない。新調したメガネをかけて、明日からまたあがく予定である。
[PR]
# by w-edge-t | 2013-10-08 21:11 | 日々の暮らしで考えた

任天堂山内前社長死去

まあさ、ファミコンだよ、ファミコン。
なんか色々ゲームもしたけど結局ファミコン。
テレビゲームはファミコンだけでいいや。
こっちが新しいものについていけなくなったオッサンになったってだけの事だろうけど。
でも実際面白いからね。手軽だし。乱暴でいいし。
ドラクエⅢの時一晩並んで買ったとかの想い出分も上乗せされてるし。

上乗せ想い出エピソードとして山内社長の存在も大きかったなあ。
含蓄ありつつ、全方位にけんか売ってるような発言多くて面白かったなあ。

任天堂ってことではトランプ、光線銃あたりから相当色々楽しませてもらいました。
ご冥福をお祈り致します。
[PR]
# by w-edge-t | 2013-09-20 16:38 | 日々の暮らしで考えた

にわかにスタートレックブーム

周期的にやってくるマイブームがいくつかある。
そのうちの一つがスタートレックだったりする。
無論きっかけはただ今絶賛上映中の映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」である。
映画観て「あ〜楽しかった」で終われば別にブームというほどの事もないのだが、そこから遡って古いのを漁っていったりして、今なお継続的にスタートレックの世界を味わい中であったりする。

今さら説明するまでもなく今やってる映画はざっくり言ってリメイクであり、オリジナルは1960年代のテレビドラマである。以降続編も含めてテレビシリーズが5本ぐらい、映画だって昔のキャストのも含めれば10本以上あるだろう。漁ればなんぼでも時間は潰せる。
ただ、俺が浸ってるのは映像作品ではない、小説版である。
a0206068_8503043.jpg
オリジナルのテレビシリーズを小説化した本で全部で13冊ほどある。
とっくの昔に絶版になった本だがこうして何年かに一度、思い出しては取り出し、繰り返して読んでいる。
テレビドラマの1時間のエピソードがおおよそ50ページ前後にまとまっており、1冊に大体6〜7本収録されている。
何度目かもわからないほど繰り返し読んだ本を今再び読んでいるがやはり面白い。
今となっては映像があまりにチープになってしまったオリジナルテレビシリーズそのものより、想像力に訴えかける小説版の方が、物語の本質的な面白さのみに焦点があたるためか却って色褪せないとも言える。

面白いだけでなく、SFならではの自由で多様な物語郡は今なお大事なお手本であり、俺の原点、大袈裟に言えばバイブルでもある。
あまり映像に頼らず、アイディアだけで誰も見た事もない世界を描こうとする当時の心意気は、結局のところ役者の演技で全てを表す芝居と言うメディアに似ていると言えなくもない。
その意味でも、改めて触れる事で次の自分の作品の参考にしようと思っているという事もある。

本自体、だいぶ古くなった。普段はブックカバーをかけているのだが、今回上の写真を撮るのに外してみて、改めて驚いた事がある。裏表紙だ。
a0206068_9215851.jpg
中央に出版社のマークがあり、下端に値段が書いてあるだけの、シンプルな裏表紙。
そこにはバーコードもなければISBNさえふっていない。消費税もなかったのでその記述さえない。
驚くべきシンプルさ。
最近の本とは隔世の感がある。
なんというか同人誌みたいである。
奥付けを見ると初版の発行が昭和52年、手元のものは10刷目で昭和57年となっている。
時代を感じさせる。

時代を感じるのは印刷された内容だけではない。色褪せ、歪み、巻によってはページが外れてバラバラになりそうなものもある。その佇まい自体が、歳月を感じさせる。
今まで決して大事には扱ってこなかった。むしろズボンのポケットにねじ込んで出先で取り出して読むような事を繰り返してきた。それゆえに愛着のある本たちでもある。これからまだまだ、何度も読んでいくのだろう、そしてその度、新たな発見をしたりするのだろう。
次のマイブームはいつ来るだろう。それまで再びブックカバーをかけ、大事に本棚に戻しておきたい。
[PR]
# by w-edge-t | 2013-09-03 09:32 | 日々の暮らしで考えた

「エクストリームマン・ショウ!」のこと

新作公演も一段落したので昔話などしてみたい。

第2回公演「エクストリームマン・ショウ!」は旗揚げからわずか2ヶ月後、同年11月であった。
連続公演で旗揚げを強く打ち出そうというテーマがあった訳だが、たった二人の劇団である我々にはなかなか大変なテーマであった。
さすがに15年も前で記憶が定かでないのだが、確か旗揚げが終わってから準備にかかった筈である。
ゲストはその後も何かとつるむことになる岡見文克氏であった。
同じ大学で芝居をやってた先輩で、学生時代に出演していた舞台を見たことがあって強く印象に残っていたので、とりあえず相手の状況もわからず伝手を頼ってお願いに行ったのだった。当時芝居からは足を洗って真っ当なエリートサラリーマンの道を歩いていた岡見氏を口説き落とし、出演してもらったのだが、氏はこれをきっかけに会社を辞め、芝居を続けることになるのである。泥沼に引きずり込んだようで今なお若干の責任を感じていたりする。

「エクストリームマン・ショウ!」はスーパーヒーローが現実にいる世界のお話である。引退したエクストリームマンの後を継ぐ2代目エクストリームマンはこの日、テレビのトークショウに呼ばれて話をしている。しかし司会者は何かと懐疑的な態度でつっかかる。実はこの司会者こそ、引退した初代エクストリームマンであった。二人が世代間ギャップから衝突し、決定的に仲間割れする中、会場に爆弾を仕掛けたという脅迫状が届き……

設定からもお分かりの通り割とバカバカしい、コメディータッチの作品である。その割にラストは人が死んだり意外と暗い〆だったりするのだが。

まだまだ色んなことが手探りだったこの時期、どれぐらいのステージ数が適正かと言うことも考えず、いっぱいやりゃいっぱい客が来るだろうとムダに多いステージ数にしたせいで、1ステージ辺りの客がものすごく少なくなってしまった。その結果、出演者二人に対し観客二人という体験をするハメになる。
トークショウと言う設定なので舞台に椅子二つ並べて役者が座り、話し合う場面がメインなのだが、それを見る客席も二人だけなのである。
会場の真ん中へんに4人が座って、うち二人が主に喋り、残りの二人はそれを見て笑っている。
極めてシュールな光景であった。
これが我々の間で今なお恐怖と共に語られる伝説の「マンツーマンディフェンス事件」である。

何せ時間がなかったので多分これがダブルエッジで一番短い台本なのではないだろうか?そのままやると尺が足りないはずである。しかし実際は問題なく上演できた。稽古の中でみんなでギャグを考え、付け足していったのである。実際この時の稽古は芝居の稽古と言うよりお笑いのネタ出しのようであった。毎回稽古は楽しくて仕方なかった。笑いが絶えなかった。そんな事もあって、岡見氏とは後に一緒にコントをやることになったりする。
[PR]
# by w-edge-t | 2013-08-16 15:48 | 時には昔を思い出す

本番終了

a0206068_9514854.jpg

ダブルエッジ2013公演「ただいま使用中」
ご来場頂いた皆様のお陰で無事、全日程を終了致しました。
ありがたい事に何人かの方からは過分なお褒めの言葉を頂いたりしまして、今後の活動の糧を頂いた気分です。
まずはちょっとだけ休み、また次の活動に向けて頑張る所存です。
ありがとうございました。
[PR]
# by w-edge-t | 2013-08-05 09:54 | 芝居の現場で考えた


世界最小の劇団ダブルエッジの作家の方のブログ


by w-edge-t

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
芝居の現場で考えた
日々の暮らしで考えた
田辺からの伝言
このブログは……
データ的なもの
時には昔を思い出す
ちかごろ気になることがある
宇宙の果ての暮らしかた
未分類

以前の記事

2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月

最新のトラックバック

『輪廻くん』アフタートーク
from Issei Freak
もっともな話
from Issei Freak

検索

外部リンク

高山なおき プロフィール

ダブルエッジ 作家
1969年7月6日生まれ

主な作品
○映画
「娘道成寺~蛇炎の恋~」(高山由紀子と共同)

○演劇
「ダブルエッジの忠臣蔵!」
「輪廻くん」
「天気待ち~waiting for the sun~」(奈良橋陽子と共同)  他

○ラジオドラマシナリオ
NHK-FM「魔法の王国売ります!」他

○テレビドラマシナリオ
NHK「ゴーストフレンズ」 他

○ゲームシナリオ
東芝EMI「ずっといっしょ」

○小説
ZEST「ずっといっしょ~秘密の星空~」

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧